デモ動画ですぐ分かる!電子署名の使い方

ドキュサインの電子署名

ドキュサインの電子署名は、世界180ヵ国66万社以上のお客様(有償プラン)に採用いただいており、数億人が利用している世界標準の電子署名です。世界各地の厳しいプライバシーおよびセキュリティ基準を満たしており、99.99%の可用性を一貫して実現しています。また、Salesforce、Microsoft、Google、SAPなど350以上のプレビルト・インテグレーションにより、すでにお使いのアプリケーションと容易に連携させることができます。

昨今、ビジネス様式のデジタル化が求められている中、デジタルトランスフォーメーションを推進する企業が増えており、電子署名は合意・契約プロセスのデジタル化における最初のステップと言えます。

今回は、組織があらゆる合意・契約の作成、署名捺印、実行、管理に必要な様々な手順やプロセスをデジタル化し、シームレスなプロセスを実現するエンドツーエンドのプラットフォーム「DocuSign Agreement Cloud」の一部である、ドキュサインの電子署名(製品名:DocuSign eSignatue)の使い方をデモ動画と共にご紹介します。

その前に、従来型の署名とその課題を見てみましょう。

従来型の署名、つまり直筆の署名にはいくつかの課題があります。例えば、

  • 契約締結までに時間がかかる
  • 顧客満足度が低い
  • 紛失やエラーなどのリスクを伴う

などが挙げられます。

ドキュサインの電子署名を活用すれば、最新のデジタル技術で、オンライン上で合意・契約に関する文書の送信、追跡、署名が可能になります。また、署名プロセスから紙とマニュアルによる作業をなくすことにより、以前は数日かかっていたことが、数時間、場合によっては数分で完了することができます。さらに、署名ワークフローが自動化され、スピーディーで効率的になります。

以下のデモ動画では、文書の作成から署名の方法、また署名ワークフローの設定や監査証跡について詳しく解説しています。

Remote video URL

 

公開
関連トピック