Zoom ミーティング及びウェビナーのセキュリティを強化

Zoom-Meetings-and-Wabinars

本ブログは米国ドキュサイン本社の以下の記事の抄訳です。

Update: DocuSign Enhancing Security for Zoom Meetings and Webinars

 

お客様のプライバシーとセキュリティは、ドキュサインにとって最も重要なものです。最近よく聞かれる Zoom ビデオコミュニケーションズ社(以下、Zoom)サービスに関する一般的な懸念事項の多くは、無料版または個人版のサービスに関する問題が中心となっています。ドキュサインでは、高度に暗号化されたエンタープライズ版の Zoom(ズーム)を社内外の会議や商談に利用しており、すべてのビデオ、オーディオ、および画面共有セッションは、特定のセッション用のワンタイム・キーを使用して、高度暗号化標準(AES)256で保護されています。

この暗号化に加えて、当社 4月15日(水)より Zoom(ズーム)利用時におけるセキュリティを全体的に強化しました。これらのセキュリティ強化には、会議への参加や開催、会議記録へのアクセスに暗号化されたパスワードを要求することが含まれています。さらに、参加者を審査するための待合室機能をデフォルトで有効にしました。

このパスワードは、スケジュール済み、インスタント、ウェビナー形式を含むすべての Zoom(ズーム)ミーティングに適用されます。暗号化されたパスワードは会議室の URL(参加リンク)に埋め込まれており、「ワンクリック」での参加を可能にしているため、参加者はドキュサイン開催の Zoom(ズーム)セッションに参加する際にパスワードを入力する必要ありません。

私たちは、これらの問題や懸念事項について、Zoom 社と直接連絡を取り合い、セキュリティの強化を図っていますそして、ドキュサイン主導の Zoom(ズーム)を使ったミーティングやイベントは、今後も安全なものであり続けると確信しています。

Contributeur DocuSign
筆者
DocuSign
公開