業務効率化のヒントをお届け

DocuSign Blog

ドキュサインの電子署名(DocuSign eSignature)体験!

さて、これまで繰り返し電子署名について解説してきましたが、ではDocuSignの電子署名(eSignature)で実際に電子署名を行う場合どのようなステップを踏み、完了までの道のりを歩むのか、署名時のエクスペリエンスについてユーザー視点でお話ししたいと思います。
ここでは佐藤虎生さん(仮名)から送信された契約書に、三浦一馬さん(仮名)がDocuSignで電子署名するというシナリオを、三浦さんの視点で見てみたいと思います。(以下の契約シナリオはフィクションであり、実在する人物、団体、契約とはなんら関係はありません
まず、署名の依頼者の佐藤さんから署名者の三浦さんに対して、DocuSignからのEメールが届きます。以下はEメールが届いたときにメーラーでの表示イメージです。
契約書送信イメージ
電子メールには、佐藤さんの名前、顔写真、件名およびメッセージと共に、署名を依頼された文書にアクセスするためのリンクが含まれます。三浦さんは、電子メール文書を開き、「文書の確認」をクリックします。
三浦さんのパソコンのブラウザが開き、文書が表示されます。その時、ブラウザから位置情報の提供を許可するか聞かれます。ここで三浦さんは許可をします。(この設定は任意ですので許可しない場合も電子署名を完了することはできます。)
文書の内容を確認
署名時に電子記録および電子署名の開示条件の同意を求められます。内容確認し、チェックボックスをクリックします。そして続行ボタンを押して文書への署名操作が始まります。
三浦さんは契約書の内容をスクロールして確認します。開始ボタンを押すと署名が必要な箇所に移動します。
文書内容の確認
三浦さんは、署名の箇所をクリックして署名を契約書に記載します。
署名欄のイメージ
署名は4種類ほど自動生成されますので、三浦さんはその中で気に入った2番目の書体を選びます。
署名の選択
選択して署名ボタンをクリックして、三浦さんの署名が文書に挿入されました。そして、三浦さんは役職を入力し、署名日付は自動で設定されました。
署名の適用
最後に完了ボタンを押します。
完了イメージ
これで三浦さんは契約書対しての「電子署名」完了します。完了後、アカウント作成も可能です。(前回ブログを参照 https://www.docusign.jp/blog/docusignをはじめてみる-無料アカウントの取得/
文書のコピーを保存する
完了の画面にブラウザが遷移します。
完了しました
三浦さんの電子署名後に、契約送信側の責任者の和田耕一さんが同じく電子署名を行い双方の契約が完了します。和田さんの電子署名後に三浦さんには再度佐藤さんからのDocuSignのメールが届き、そこには完了した契約書の文面が添付されます。
文書での作業が完了しました
添付されたPDF文面を開くと三浦さんと和田さんの署名がされています。
完了後の署名表示イメージ
ここまで三浦さんが、佐藤さんから送られた契約書に電子署名する例をご説明しました。ここで基本的な電子署名の流れがご理解いただけたかと思います。一連の電子署名操作の流れはYoutubeのビデオでもご確認できますので、こちらもぜひご覧ください

Tags

Comments are closed.