日本語版 DocuSign Gen for Salesforce 及び DocuSign Negotiate for Salesforce 提供開始

契約書を簡単に自動生成+レビュー+承認まで丸ごと管理

people working at office

システムからの果てしないコピペに疲れた、斎藤様を斉藤様と入力し間違えて客先から怒られた、数字を1桁入れ間違えて価格にびっくりされた、コピペしたら表のフォーマットが崩れて凹んだ。。。契約書作成あるある、ですよね。

まだ数件ならいいです。時間に余裕がある時なら、コーヒーでも飲んで気を取り直せます。ところが、これが大量の契約書をかつ決算期末の繁忙期に扱わなければならないとなるとどうでしょう?正直、泣きたくなりますよね?

かのアルバート・アインシュタインは、人間の知能と能力に限界を感じると同時に、自分自身の力の限界も悟り、神を信じるようになったと言います(確か)。アインシュタインでさえも限界を感じたのですから、我々も、限界を悟る時が来たかもしれません。

本日、日本語版の提供を始めたDocuSign Gen for Salesforceは、そんな人間の能力の限界を補ってくれます。ちょっと言い方が悪いですね、はい。業務プロセスを自動化します。みなさんが使っているSalesforceから自動的に契約書の作成をします。そう、これなら面倒なコピペや、入力間違えがなくなるのです。なぜなら、DocuSign Gen for Salesforce必要な項目をSalesforceから自動的に契約書に転記してくれるのです。表のフォーマットなども崩れません。ちょっとしたRPAですよね。

そしてさらに、DocuSign Negotiate for Salesforceを使えば、契約書の作成から締結までの一連の作業を全て自動化できます。面倒な校閲・校正作業や承認作業、バージョン管理も行ってくれます。

DocuSign Gen for Salesforceが作成して、DocuSign Negotiate for Salesforceで校閲・校正・最終確認された契約書は、DocuSign eSignature for Salesforce(電子署名)でお客様に送られ、デジタルで契約締結が行われます。契約書はSalesforceに自動的に保存されます。

これを使わない手はないですよね?

ここまで読んでくださった方には、きっとわかっていただけたと思います。1日は24時間、限界があります。コンピュータは間違えません。コンピュータに任せられることは、任せましょう!そして人間は人間しかできない業務を行いましょう。

以下詳細です:

 

製品に関する詳細は →

公開
関連トピック