昨日、来日中のキース・クラック米国務次官(経済とエネルギー担当)が、メディアに対して米国の環境問題、地球温暖化に関するコメントをしました。ニュースでもたくさん流れていたので、ご覧になった方も多いと思います。
一方で、環境問題に関しては、地球温暖化対策のパリ協定をめぐる米トランプ政権の対応が問題視されているという報道も目にします。それぞれの考え方や取り組みは必ずしも全く同じではありませんが、環境問題や地球温暖化に対して真剣に考えている思いは、みな、同じだと思います。ドキュサインもそうです。
lets agree to protect the worlds forests
ところで、このキース・クラック氏、前ドキュサインCEOだってご存知でしたか?彼がCEOに就任した時は、ドキュサインはまだまだ小さかったし、電子署名も「不動産屋のツール」でした(ドキュサインは不動産業からはじまりました)。その後の成長はみなさんごぞんじの通りですが、ある意味、クラック米国務次官がいなければ、電子署名は世界にも、日本にもこんなに普及しなかった、というのは言い過ぎじゃないと思います。
そんなキース(って、もうそんなに気軽に呼べなくなっちゃいましたが)が国務次官になって来日して、環境問題に関して話してくれたニュースを見た時は、「あ、やっぱりキースは環境問題や地球温暖化を気にかけているんだ」って嬉しくなりました。もちろん、ドキュサインCEOの時の立場と、国を代表している今では、微妙なスタンスの違いはあるでしょうが、クラック国務次官はドキュサインCEOのころから熱心に環境問題、地球温暖化、森林保護に取り組んでいました。
もちろん、ドキュサインはいまでも地球温暖化や森林保護などの環境問題に対して、真剣です。ドキュサインがやっている電子署名は、どうしても「契約書のデジタル化」とか「電子契約」のイメージが強いかもしれません。でも電子署名って契約だけじゃなく、署名や捺印を必要とする、ありとあらゆる文書に使えます。
電子署名は、社内の稟議書や、各種申請書、受発注、請求書、お客様との申込書など、いろいろな文書に使うことができます、というか、実際に使ってもらっています。日本でも環境保護の目的で使用いただいているお客様も多いです。
世界中で地球の環境保全に取り組むWWFジャパン様にも使用いただいています。
この大量の紙のデジタル化の結果、ドキュサインはいままで200億枚の紙を削減してきました。またこれは、紙を製造するのに必要な2百万ガロン(2リットルのペットボトルで約27万本)の水を節約したことになります。さらに紙はゴミになるので、1億5百万ポンド(約2億3千万キログラム)のゴミの排出を防いだことになります。
ドキュサインでは「ペーパレス」を常に意識していて、「紙を何枚削減した」というのをずっと重要な指標としています。また、「DocuSign for Forest」という活動を通じて、積極的に森林保護を推進しています。今年もいままで、150万ドルを森林保護団体に寄付しました。
DocuSign for Forests
こちらの動画に、DocuSign for Forests の活動についてまとめています。
そして、今年出した「DocuSign Agreement Could」は、単なる電子署名じゃなく、お客様の業務のペーパレス化をまるごとサポートする、包括的なソリューションです。もちろん、このツールを入れる1番の目的は業務の効率化やスピードアップ、コスト削減なのでしょうが、ついでに(といってはよくないかもしれませんが)、地球温暖化や森林保護といった環境問題も考えてみませんか?

Tags