ホワイトペーパー

【入門ガイド】はじめての電子署名

オフィスのイメージ

 

ほとんどの企業の人事部や購買部、営業部などあらゆる部門で契約や稟議書、同意書、合意書を取り扱います。通常契約を取り交わす場合、契約書を作成後、その文書をプリントアウトし、必要な項目に紙にペンで記入、押印をして封筒に入れ、郵便もしくは手渡しで関係者に押印を依頼するという、長い工程が手作業で行われます。そんな手間をなくし、効率化を可能にするのが電子署名です。もちろん文書を紛失したり、承認者の机の上で他の書類と紛れて放置されたまま、一週間が過ぎるということもありません。承認者がたとえ出張中もしくはテレワーク中でもEメールを受信できる環境があれば、電子的に署名・押印できます。

電子署名は安全で多くの場合適法、そしてすぐに効果を得やすいデジタルトランスフォメーションです。本ガイドでは、電子署名の導入を検討している方に知っていただきたい「電子署名の基本」について詳しく説明します。

資料ダウンロード お申し込みフォーム