調査レポート

合意・契約管理システム の現状(2020 年)

green graph image

 

合意・契約プロセスのデジタル トランスフォーメーションにおける課題と進展についての調査レポートです。 本レポートは米 Forrester Consulting が2020年5月に発行した レポート「The State Of Systems Of Agreement, 2020」 の日本語翻訳版です。

契約はあらゆるビジネスの基礎となる要素ですが、契約プロセスの大部分はいまだに手作業が多く、効率性に欠けます。実際、10社中9社の組織が、顧客体験の低下、プロジェクトの遅延、コストの増加につながる現状の紙ベースで行われる契約プロセスに悩まされています。

この調査は、Forrester Consultingがドキュサインの委託を受けて実施したもので、定量的な調査と定性インタビューを組み合わせて、世界の最新の契約プロセスを調査しました。本レポートでは、主な調査結果の一部を紹介します。

  • 最も先進的な企業は、電子署名のみに留まらず、契約前後の活動を網羅したワークフローを作成し、自動化しています。
  • 多くの企業にとって、合意業務の中でも、顧客満足度は2年連続で最も重要な事項とされています。
  • デジタルソリューションの導入が増えていますが、ビジョンが不完全で統合が不十分なため、効果的ではないポイントソリューションが積み重なっていることが課題です。

資料のダウンロードをご希望の方は、フォーム内の必要事項をもれなくご記入いただき、[申し込む] ボタンを押して下さい。

資料ダウンロード お申し込みフォーム