双日がDX推進のためドキュサインの電子署名を全社導入

双日がDX推進のためドキュサインの電子署名を全社導入

ドキュサイン・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、以下:ドキュサイン)は、双日株式会社(本社:東京都千代田区、以下:双日)が全社標準の電子署名として、ドキュサインの電子署名ソリューション、「DocuSign eSignature」を導入したことを発表しました。双日は今後、各取引先との契約において、ドキュサインの電子署名を利用することにより、テレワークの実現とペーパレス化によるデジタルトランスフォーメーション(DX)を実施していきます。

双日は現在、DXによる新規事業や業務効率化を推進しています。その中には、テレワークを実現するためのインフラ整備やペーパレス化も含まれていましたが、従来の紙を中心とした契約プロセスが障害となっていました。そこで同社は、グローバルにビジネス展開する総合商社として、世界各国で受け入れられ実績豊富な点を評価し、ドキュサインの電子署名ソリューションを全社導入することを決定しました。

本ソリューションの導入にあたり、双日は電子契約システムの取扱いを定めた社内規程を新設し、社員が電子署名を使える環境を整備しました。そして、既存ファイルストレージサービスとの連携を実施し、電子帳簿保存法対応も実現しました。場所や時間にとらわれないテレワーク環境の構築やペーパレス化の促進だけでなく、ビジネスのスピードアップや業務プロセスの効率化を目指しています。また、双日では今回の導入を機に国内グループ会社や海外法人への展開も今後実施していきます。

「DocuSign eSignature」は、180以上の国や地域で75万以上の企業が導入し、数億人が利用する、世界で一番使われている電子署名です。同ソリューションは、組織や企業の合意・契約・稟議プロセスのデジタル化や、契約ライフサイクル管理(CLM)などを実現するスイート製品「DocuSign Agreement Cloud」の一つとして提供されています。DocuSign Agreement Cloud上では、約80%の契約が1日以内に締結されています。

ドキュサインのご利用、ご購入、ならびに技術的な質問に関しては、お問い合わせ窓口までご連絡ください。また、ドキュサインや電子署名、合意・契約のデジタル化に関する最新情報はドキュサイン・ジャパンのブログをご覧ください。

 

■DocuSign / ドキュサイン・ジャパン株式会社に関して

米国に本社を持つDocuSign Inc.(ドキュサイン)は、合意・契約の準備から署名捺印、実行、管理まで、合意・契約管理の一連のフローを管理する製品群「DocuSign Agreement Cloud」を提供しています。同製品群の電子署名ソリューション「DocuSign eSignature」は、世界で75万社以上が導入し(無料版除く)、数億人が署名する、世界で一番使用されている電子署名です。ドキュサイン・ジャパン株式会社は、米国のDocuSign Inc.の日本法人です。