DocuSign、米Forbes誌が選ぶ「世界トップクラウド企業100」の第3位に


【サンフランシスコ2016年9月7日】DocuSign, Inc.(DocuSign®)は本日、米Forbes誌初となる「2016 Cloud 100」の第3位にランクインしたことを発表しました。このランキングは世界中の未公開のクラウド企業から、ベンチャーキャピタル企業Bessemer Venture Partners(ベッセマーベンチャーパートナーズ)、Salesforce Ventures (セールスフォース・ベンチャーズ)とのパートナーシップにより作成されました。デジタル・トランザクション・マネジメント(DTM)、電子署名のグローバルスタンダードとして、DocuSignは規模、業種、地域に関わらず企業のデジタル・トランスフォーメーションを推進しており、その中にはクラウド100にランクインした企業も含まれます。Bessemer Venture Partnersにおいて、クラウド投資統括、パートナーであるByron Deeter氏は次のように述べています。

「多くの企業がビジネスのやり方を変えることをミッションに掲げていますが、実際に変革を起こし、ビジネスプロセスに新しいカテゴリーを作り出した企業はそう多くありません。デジタル・トランザクション・マネジメントと電子署名のグローバルスタンダードとして、売上、効率性、セキュリティ、コンプライアンス、顧客満足度、持続性といった評価可能なあらゆるビジネス領域においてDocuSignは肯定的な影響を与えてきました。アナリストが予測してきたようにDTMのカテゴリーが300億ドルを超える市場へと成長することに疑いの余地はありません。」

DocuSign 会長兼CEOのKeith Krachは次のように述べています。「DocuSignがForbes誌により『2016 Cloud 100』の第3位に選ばれたことは大変名誉なことです。ビジネスの方法を変革しようと力を注ぐ優秀なチームの一員として働けること、お客様のデジタル・トランスフォーメーションにDocuSignがポジティブな影響をもたらすことができることは大変光栄であると日々感じています。」

Forbes誌の「2016 Cloud 100」リスト編集者であるAlex Konrad氏は次のように述べています。「DocuSignのようなクラウド企業は手間のかかる従来のプロセスをデジタル化させることで、企業が顧客へと到達する方法を変革しています。そのため、各企業は本当に重要なことに集中する時間ができるのです。Forbes誌の『2016 Cloud 100』への選出はDocuSignの財務的な成長の評価、顧客や他のクラウド企業からの卓越性の評価を示しています。」

SalesforceのコーポレートデベロップメントおよびSalesforce Ventures 担当EVPのJohn Somorjai氏は次のように述べています。「Salesforceのエコシステムは驚くべきイノベーションを生み出しています。当社のお客様がさらなる成果を出せるよう、デジタル・トランザクション・マネジメントのパイオニアであるDocuSignと密接に取り組むことを喜ばしく思います。」

この度発表したForbes誌が選ぶ「2016 Cloud 100」は、米キャリア情報サイトGlassdoorによりDocuSignが「働きたいクラウド企業トップ50」( Top 50 Cloud Companies to Work For by Glassdoor) に選ばれたことに続きます。全体として、当社従業員はDocuSignを5ポイント中4.5と評価し、キャリアの機会では4.4、企業文化・価値では4.5と評価しました。DocuSignのCEOであるKeith Krachは従業員の98%から支持を得ており、91%の従業員がDocuSignを素晴らしい職場として友人や知人に薦めると評価しました。DocuSignの従業員の90%がビジネスの展望に期待できるとこたえましたが、これはGlassdoorにおけるトップ50企業の平均75%をはるかに上回ります。

「Forbes 2016 Cloud 100」リスト選出方法Forbes誌による「2016 Cloud 100」リストは、クラウドテクノロジーをリードする世界のトップ未公開企業を選出し、さらにその分野において急成長している20社を選びます。ソフトウェア、クラウドセキュリティ、プラットフォーム開発における進化により、選出された企業は全ての産業、セクターの未来を再定義しています。Forbes誌はBessemer Venture Partnersとのパートナーシップにより、何百件もの応募の中から、最も将来性のある民間のクラウド企業を選出しました。Forbes誌の「2016 Cloud 100」は、応募者により提出された定性的テータ、定量的データ、一般公開されている第三者によるデータをもとに、主要なパブリッククラウド企業からなる審査員により選出されました。DocuSignに関する詳細はこちらwww.docusign.comをおたずねください。Forbes誌「2016 Cloud 100」リストについては、2016年10月4日号のForbes誌をご覧になられるか、ウェブページwww.forbes.com/cloud100をご覧ください。

ドキュサイン・ジャパンについて
ドキュサイン・ジャパンは、時間や場所や端末を問わずに、誰でも安心して安全な環境で書類の署名、送付、管理ができるサービス、デジタル・トランザクション・マネジメント(DTM)を通じてビジネスプロセスを変革する米DocuSign®の日本法人です。ドキュサインのDTMプラットフォームは、承認、決断、ワークフロー、署名を完全にデジタル化します。ドキュサインは、現在188ヶ国において250,000社、1億人を超えるユーザーにより利用されており、毎日平均130,000人のユニーク・ユーザーがドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワークに加わっています。詳細については、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。

Copyright 2003-2016. DocuSign, Inc. is the owner of DOCUSIGN® and all of its other marks (www.docusign.com/IP). All other marks appearing herein are the property of their respective owners.

本件に関するメディアお問合せ先:アシュトン・コンサルティング(DocuSign広報代理)福井容子/宮崎裕子
TEL: 03-5425-7220
E-mail:Docusign-AC@ashton.jp

本発表は2016年9月7日に米国DocuSign Incより発表されたプレスリリースの抄訳です。