デベロッパー・コミュニティがDocuSignのグローバル・トラスト・ネットワークを加速

API連携によるDocuSignトランザクション数が対前年比300%の伸長を達成

【2016年8月31日サンフランシスコ】DocuSign, Inc.(DocuSign®)は、デベロッパー・コミュニティによるDocuSignのシステム連携がほぼあらゆる業種において行われており、様々な受賞経験を有するDocuSignのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を介した業務プロセスの簡素化や自動化がDocuSign グローバル・トラスト・ネットワークの拡大を牽引していると発表しました。現在、DocuSignのトランザクション数の58%はAPI経由で処理されています。

CiscoComcastLoan Depotといった企業はDocuSignのデジタル・トランザクション・マネジメント(DTM)プラットフォーム上で提供されているデベロッパー向け開発環境を利用している30,000以上にのぼるお客様の1社です。本年2月1日からスタートしたDocuSignの会計年度の上半期において新たなAPIインテグレーションにより、DocuSignの電子署名サービスのAPIトランザクション量は対前年比300%増加しました。

DocuSignにおいて、製品、エンジニアリング、マーケティングを統括しているBrad Brooksは次のように述べています。「お客様のビジネスプロセスの自動化において中心的な役割を果たすデベロッパー・コミュニティはDocuSignのグローバル成長戦略にとって重要です。当社はデベロッパー・コミュニティに深くコミットしており、DocuSignのAPIを活用するお客様の増加はその結果といえます。開発者の皆様はDocuSignの電子署名・DTMサービスをお客様の事業プロセスとアプリケーションにダイレクトに組み込んで利用するため、この成長は当社のお客様とDocuSignのプラットフォームのより高い粘着度を示すものであり大きな意義があります。」

「DocuSign は今日のクラウドにおいて最も戦略的で最も大きな分野に成長する可能性のある分野のリーダーとして登場しました。その分野こそ、デジタル・トランザクション・マネジメントです。」Equifax社のCEOであるRich Smith氏は述べています。「DTMのグローバルスタンダードであるDocuSignと当社の戦略的パートナーシップは当社のデジタル・トランスフォーメーションを促進するのみならず、当社のお客様が完全にデジタル化していくことを可能にしています。」

Googleの広告およびコマース担当上級副社長であるSridhar Ramaswamy氏は次のように述べています。「DocuSign はデジタル・トランザクション・マネジメントの提供者のリーダーとして出現しました。DTMはクラウドサービスにおいて急激に成長している分野でもあります。」

DocuSignはAPIに対してこれまで大きな投資をしてきたほか、不動産、金融、保険、ヘルスケア・ライフサイエンス、政府・公共部門といった業種別の取組み、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジアといった地域における標準規格ベースの電子署名サービス、ハイブリッド・クラウド・デプロイメントの提供、ワールドクラスのセキュリティ、圧倒的な可用性、そしてApple、Cisco、Dell、Deutsche Telekom、FedEx、Google、IBM、Intel、Microsoft、NTT、Salesforce、Samsung、SAP、Telstra、Visaといった企業とのパートナーシップにより、お客様のDocuSign採用、早期案件獲得、長期的成功に向けた取り組みを行ってきました。

Cisco の上級副社長兼最高デジタル責任者であるKevin Bandy氏は、次のように述べています。「世界が完全にデジタル化していくのは疑いの余地がありません。変革は新しいビジネスの機会をとらえ、持続可能で競争力のある優位性を確保するためには避けられないのです。デジタル・トランザクション・マネジメント、電子署名のグローバルスタンダードとして、

DocuSignはデジタル・トランスフォーメーションの中核として、あらゆる規模の組織やあらゆる業界のデジタル化をサポートしています。これまでもお客様、従業員、パートナーが利点を享受できるよう、DTMと電子署名サービスを当社のプラットフォームに組み込んできており、我々はDocuSignのAPIの威力をじかに見てきました。」

AstraZenecaSpecial OlympicsUnileverといった企業では、より迅速な達成の実現、コストの削減、より高いセキュリティやコンプライアンス、より良い顧客体験のためにDocuSignを使用しています。DocuSign導入企業の平均として、DocuSignのトランザクションの84%が一日以内に完了しており、62%が一時間以内に、51%が15分以内に完了しており、紙ベースでのトランザクションでは完了まで数日から数週間を要することを考慮すると迅速化の効果は顕著です。ドキュメントの処理1件につき、DocuSignは紙での手段と比較し、コスト削減、生産性改善、収益拡大の合計で平均36.44ドルの価値を顧客にもたらしています。

AstraZenecaCIOのDave Smoley氏は次のように述べています。「スピーディに新薬を上市するための日々はAstraZenecaにとって何千万ドルの収益にも値します。より重要なことは、必要としている患者さんに治療法を提供できることです。DocuSignを利用することによって、当社のビジネス、ひいては製薬業界が、製品をより早く市場に届けることができます。このことは当社のビジネスの収益、そして世界中の何億人もの患者さんの生命に影響を与えるのです。」

APIの汎用性、スピード、使いやすさ、圧倒的なROI、素晴らしいエンドユーザー体験は、世界中でDocuSignの利用が進んでいる理由の一部に過ぎません。DocuSignのグローバル・トラスト・ネットワークは毎年300%規模で拡大しており、現在188ヶ国において250,000社、1億人のユーザーが存在し、毎日130,000人の新規ユーザーが加わっています。欧州においては7月1日からのEUの加盟国でのeIDAS規制適用に先立ち、6月にDocuSignが発表した標準規格ベースの一連の電子署名サービス、ハイブリッド・クラウド・デプロイメントに高い関心が集まっています。

LinkedInCFOのSteve Sordello氏は次のように述べています。「DocuSignの顧客として、LinkedInは社内のいたるところで電子署名、デジタル・トランザクション・マネジメントを活用しています。世界中のオフィスに分かれる複数のチームが日々の業務を途切れることなく、安全に行うためにDocuSignを利用しています。」DocuSignを利用したLinkedInのデジタル・トランスフォーメーションの詳細は、こちらのビデオをご覧ください。

DocuSignの会長兼CEOであるKeithKrachは次のように述べています。「私たちのミッションの根源は、迅速かつスムーズ、安全なトランザクションの為のオープンでグローバルなネットワークを提供することです。未公開企業としてDocuSignのグローバル・トラスト・ネットワークに長期的な投資をできることは幸運なことです。DocuSignは、多くの国々、企業、消費者がビジネスを迅速、簡便、安全に、またいつでもどこでもどの端末からでもビジネス取引を行えるよう手助けをしています。」

この度発表したDocuSignのグローバル・トラスト・ネットワークの拡大は、米キャリア情報サイトGlassdoorにより「働きたいクラウド企業トップ50」( Top 50 Cloud Companies to Work For by Glassdoor) に選ばれたことに続きます。全体として、当社従業員はDocuSignを5ポイント中4.5と評価し、キャリアの機会では4.4、企業文化・価値では4.5と評価しました。DocuSignのCEOであるKeith Krachは従業員の98%から支持を得ており、91%の従業員がDocuSignを素晴らしい職場として友人や知人に薦めると評価しました。DocuSignの従業員の90%がビジネスの展望に期待できると回答しましたが、これはGlassdoorにおけるトップ50企業の平均75%をはるかに上回ります。

DocuSignの電子署名をワークフロー、ビジネスプロセス、アプリに組み込みたいデベロッパーの方は、必要となる全てのツールをDocuSign Developer Centerにてアクセスが可能です。

ドキュサイン・ジャパンについて
ドキュサイン・ジャパンは、時間や場所や端末を問わずに、誰でも安心して安全な環境で書類の署名、送付、管理ができるサービス、デジタル・トランザクション・マネジメント(DTM)を通じてビジネスプロセスを変革する米DocuSign®の日本法人です。ドキュサインのDTMプラットフォームは、承認、決断、ワークフロー、署名を完全にデジタル化します。ドキュサインは、現在188ヶ国において250,000社、1億人を超えるユーザーにより利用されており、毎日平均130,000人のユニーク・ユー
ザーがドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワークに加わっています。詳細については、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。


Copyright 2003-2016. DocuSign, Inc. is the owner of DOCUSIGN® and all of its other marks (www.docusign.com/IP). All other marks appearing herein are the property of their respective owners.

メディアお問合せ先:
アシュトン・コンサルティング(DocuSign広報代理)
福井容子/宮崎裕子
TEL: 03-5425-7220
E-mail:Docusign-AC@ashton.jp