裁判における証拠能力を有する Show more 
準拠
ビジネス一般での使用 Show more 
準拠

Classification of Law

Civil Law - JP

大陸法系は、古代ローマ法から派生した概念に基づいており、体系化された包括的な規則及び原則一式を備えることにより、一般人でも法律専門家でも容易に理解できるようにしている点が特徴です。体系化された法律は、現在の環境を反映するために定期的に改正され、大陸法系の諸国では、以前の裁判案件によって定める判例よりもはるかに重要視されています。大陸法系の諸国は、ヨーロッパ大陸、中央・南アメリカ、中東、アジア及びアフリカの多数の諸国を含む、世界の法制度の65%を超える範囲に及びます。

電子署名の適法性の概要

日本法上、契約を有効に成立させるためには、契約が(大規模な建設工事の契約などの)特定の法定書式要件の対象である場合を除き、必ずしも手書きの署名が要求されるものではありません。(日本法に明文規定はありませんが)一般的な法原則として、以下に記載する一定の限られた例外を除いて、当事者が合意をすれば、その合意が口頭、電子的な書面又は紙などの物理的な書面のいずれによりなされたかにかかわらず、契約は有効に成立します。日本の電子署名法は、法的な真正性の推定を含めて、電子署名を契約締結の一つの方法として認めています。時として、有効な契約の存在を証明するために、当事者が裁判所に証拠を提出しなければならないことがありますが、日本の裁判所は、一般に、証拠の採用及び証拠調べにおいて幅広い裁量を有しています。先進的な電子取引管理ソリューションは、契約の存在、真正性及び有効な受諾の裏付けに役立つ、証拠能力を備えた電子記録の提供を可能にします。

 

標準電子署名(SES)が使用できるケース ― 一般にSESの使用が適切とされるケースには以下の事例が含まれます。

  • 一定の人事関連文書(福利厚生関連の文書、その他新入社員の採用手続に係る文書等)
  • 法人間の商取引契約(秘密保持契約、調達に係る文書、販売契約書等)
  • 消費者関連契約書(リテール口座の新規開設に係る文書)
  • 一定の不動産関連文書(売買契約、一般賃貸借契約、その他住宅用不動産及び商業用不動産に関連する文書)
  • IP譲渡契約

 

電子署名や電子取引管理の使用が一般に適切ではないケース ― 特に電子的な処理が禁止される場合、又は一般に電子署名や電子取引管理が代わることのできない、(印刷ではない)手書きの署名や正式な公証手続が明らかに必要とされるケースとして、以下の事例があります。

  • 雇用契約書(労働基準法) - 手書き
  • 任意後見人契約(任意後見人契約に関する法律) ― 公正証書
  • 遺言書(民法) ― 公正証書
  • 定款(会社法) ― 公正証書
  • 委任状による一定の政府届出 ―公正証書
  • 一定の定期不動産賃貸借契約(借地借家法) ―公正証書

国レベルの技術標準

階層的な電子署名のリーガルモデルを採用する日本は、電子署名について認定認証機関による独自の認証のコンセプトをサポートしています。適格電子認証プロバイダー(国レベルでは、特定認証業務と呼ばれています。)の認証は、複数の異なる省庁がこれを管轄しています。

"免責条項:本サイトの情報は、一般的な情報の提供を目的としたものです。本情報は、お客様ご自身の責任でご利用ください。法的な助言又は代理については、資格を有する弁護士にご相談ください。ごく短期間に法改正が行われる場合もあることから、弊社は本サイトの全ての情報が最新のものである又は正確であることを保証することはできません。 弊社は、本情報の商品適格性、適合性又は完全性に関する一切の明示又は黙示の保証をいたしません。適用法の許容する範囲において、弊社又は弊社の代理人、役員、従業員若しくは関係会社のいずれも、直接的損害、間接的損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害又は結果的損害(代替商品若しくは代替サービスの調達、使用不能若しくは逸失利益又は事業の中断を含みます。)について、かかる損害が生じる可能性について通知を受けた場合であっても、本情報を使用したこと又は使用できなかったことにより生じる契約責任、厳格責任又は不法行為による責任のいずれの責任法理によっても、かかる損害を補償する義務を負いません。"

2015年5月1日更新

Request more info

個別のビジネスニーズに関しては、弊社営業本部までご相談ください。

Contact sales