ダニエル・スプリンガー (Dan Springer)

最高経営責任者(CEO)

スプリンガーは、世界各国において2,000名以上の従業員を擁するドキュサインのCEOとして、あらゆる契約書類を100%デジタル化することで、企業規模や業界を問わずデジタルトランスフォーメーション実現支援をリードしています。スプリンガーは25年にわたり、テクノロジー業界、特にSaaS業界において、リーダーシップをとりイノベーションと急成長を牽引してきた経験を持ちます。

ドキュサイン入社前は、米レスポンシス社においてCEOとして10年間にわたり、同社をスタートアップからグローバルなクロスチャネルのマーケティング・オートメーション・プラットフォームに成長させ、上場させ、同社をオラクル社へ16億ドルで売却した実績を有しています。CEO在任期間中、スプリンガーは『ベイエリアで最も称賛されたCEO』ならびに『ベストCEO』という栄誉を受けています。

スプリンガーは、DRI/McGraw-Hill、Pacific Telesisでキャリアをスタートし、Modem Media社のマネージング・ディレクター、Telleo, Inc.のCEO、NextCard社のCMOを歴任しているほか、マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントの経験も有しています。ハーバード大学にてMBA、オクシデンタルカレッジにて数学および経済学学士号を取得しています。

スプリンガーはiCIMS、 Ansira、YuMe、ELOAN (Banco Popular)、 Heighten、 Persado、 eGroups (Yahoo!)等の上場企業、非上場企業の取締役、元取締役を務め、YearUp、The Urban School、 Shop.org、AdTech、ランドール博物館、サンフランシスコ・フレンズスクール等のNPOの理事を務めています。

+ More

ニール・ハドスピス(Neil Hudspith)

ワールドワイド・フィールド・オペレーション担当プレジデント

ハドスピスは、最近ではOracleの人事管理製品担当のシニアバイスプレジデントとして、Peoplesoft、JDEdwards、Taleo、およびFusion HCM向けの販売およびクラウドプロフェッショナルサービスを率いていました。

OracleによるTaleo買収の前まで、Neilはワールドワイド・フィールド・オペレーションの執行副社長および最高顧客責任者として、グローバルセールス、セールスオペレーション、カスタマーサクセス、グローバルアライアンス、業務改革の責任者を務めました。OracleによるTaleoの買収に先立ち、ハドスピスは、グローバルセールス、セールスオペレーション、カスタマーサクセス、グローバルアライアンス、およびビジネストランスフォーメーションを担当する、ワールドワイド・フィールド・オペレーション担当執行副社長兼最高顧客責任者を務めていました。Neilは経歴の大半をIBMで積み上げ、直近ではシンガポールを拠点にするアジア太平洋および日本のIBMソフトウェアグループの副社長兼ゼネラルマネージャーを務めました。それ以前のIBMでの経歴には、3年以上務めた英国およびアイルランド副社長、5年間従事した中東、アフリカ、中央ヨーロッパにおけるIBMの新興市場の統括管理が含まれます。

+ More

スコット・オルリック (Scott Olrich)

戦略およびマーケティング担当チーフオフィサー

オルリックはDocuSignの戦略およびマーケティング担当チーフオフィサーとして、企業ビジョン、戦略、マーケティングを全社規模で指揮しています。

25年におよぶリーダーシップの経験を持ち、テクノロジーとSaaS(サービスとしてのソフトウェア)業界のイノベーション、市場への導入、急成長を牽引してきた実績をDocuSignでの役割に刻んでいます。それ以前、オルリックはResponsys社にてマーケティングおよびプラットフォーム担当社長、マーケティングおよび販売担当チーフオフィサー、CMOなどのさまざまな上級管理職を歴任しており、その中でビジネスをプライベートなスタートアップから世界的にリードするクロスチャネルのマーケティングオートメーションプラットフォームの株式公開企業へと変貌させ、後にResponsys社を16億ドルでOracle社に売却する主導的役割を果たしました。Responsys社在職中、オルリックはCMO Instituteの選ぶ2011年のトップU.S.

CMOの1人とされています。Responsys入社以前は、Topica社、Spark Online社、Accenture社、Xerox社で戦略、マーケティング、製品管理を担当していました。なおオルリックは、サンディエゴ州立大学でビジネスと金融の学位を取得しています。また、シリコンバレーで大手民間企業の顧問や役員を務めていました。

+ More

レジ―・デビス (Reggie Davis)

法務顧問、最高法務責任者

Reggieは、ビジネス、産業、および公共部門全体で、デジタル署名および取引の受け入れと採用の推進において、ドキュサインの受賞実績を誇る法務チームをリードしています。

ドキュサインに入社する前、Reggieは、従業員数114名から3,600名への大きな成長を管理したZyngaでは顧問弁護士とEVPを務め、48件の買収に成功して、同社は世界中に32事務所を抱える規模へと拡張しました。これはテクノロジー企業のIPOとしてはシリコンバレーの歴史上3番目の規模となりました。2012年に、Reggieのチームは、Inside Counsel Magazine誌で「最も革新的な法務チーム」と呼ばれ、Silicon Valley Business Journalは、Reggieを「General Counsel of the Year(年を代表する法律顧問)に選びました。

Zyngaに入社する前に、Reggieは、Yahoo!で9年間、ネットワークの品質・運用担当副社長と、会社のための訴訟とセキュリティを管理する副顧問弁護士を務めました。Yahoo¡に入社する前には、Hancock Rothert & Bunshoft(現在のDuane Morris)でパートナーを務め、契約、特許、保険関連問題の訴訟に対応しました。

Reggieは、チューレーンロースクールで法律学位を、ハーバード大学でヨーロッパの歴史および社会学の学位を取得しました。Reggieは、1年間休職後にドキュサインに入社しました。休職中には妻のRebeccaと4人の息子と一緒にバックパックで世界旅行をしました。この世界旅行のハイライトは、カンボジア、ラオス、タイで虎と取っ組み合いをしたことと、象に乗った経験でした。

+ More

マイケル・シェリダン(Michael Sheridan)

最高財務責任者

Michaelの責務は、グローバル財務計画と分析、収益オペレーション、会計、調達、および投資家向け広報活動を推進するチームを監督することです。
2015年8月にドキュサインの経営陣チームに入る前は、FireEyeのCFOを5年以上務めていました。彼は、高成長のハイテク企業で15年間CFOを務めた経験と、優れた成果を上げる財務チームを長年率いてきた実績をもって、ドキュサインに入社しました。

FireEyeでCFOを務める前にも、Mimosa Systems(現在はIron Mountainの一部)、Facebook、IGN Entertainment(現在はNewsCorpの一部)、およびSonicWALL(現在はDellの一部)でCFOの役職に就いていました。SonicWALLに入る前には、Genesys Telecommunications(現在はAlcatelの一部)とNetAppで財務担当管理職を務めました。彼は、後にHPに買収された3Par Inc.,の取締役会と監査委員会のメンバーも務めました。

Michaelは、サンタクララ大学で理学士(BSc)を取得しています。

+ More