2003年の創業以来、ドキュサインはビジネスを加速化し、日常生活をシンプルにすることにより、世界中の企業と人々に貢献することをミッションとしてきました。

ドキュサインは電子署名テクノロジーの先駆者として市場を開拓し、企業や組織が、合意や契約、稟議における準備、署名捺印、実行、管理の一連のプロセスを自動化することをサポートしています。ドキュサインが提供するDocuSign Agreement Cloud製品群の主要製品の1つであるeSignatureは、時間、場所、デバイスに関係なく署名捺印ができる、世界で一番使われている電子署名です。

昔ながらの紙を使った合意・契約・稟議プロセスは、遅くてコストがかかり、間違いが多いマニュアル作業に基づいています。ドキュサインを利用することで、紙の利用を廃止し、プロセスを自動化し、すでに利用されている様々なシステムと接続することが可能となり、問題が解決されます。ここにドキュサインの利用価値があります。

ドキュサインのプラットフォームは、世界中で利用されている主要な業務アプリケーションと350以上のプレビルトのインテグレーションを提供しています。さらに、ドキュサインのAPIはお客様のウェブサイトやスマホアプリ、カスタムワークフローなどへの埋め込み、接続が容易です。今日、180か国以上で50万社以上の企業がドキュサインを利用して、ビジネスを加速化して日常生活をシンプルにしています。

ドキュサインは世界で一番使用されている電子署名です

  • 世界中で50万社以上の企業(有償版のお客様)がドキュサインを導入し、数億人が署名捺印しています
  • 世界のテクノロジー企業トップ10社のうち、7社がドキュサインを利用
  • 世界の医薬品企業トップ20社のうち、18社がドキュサインを利用
  • 世界の金融機関トップ15社のうち、10社がドキュサインを利用
  • 800の地方自治体や政府組織がドキュサインを利用