デジタルトランザクション(電子取引)とは

カフェの店員とタブレットで支払いを行う客

「デジタルトランザクション」とは、消費者と企業の間で行われる、紙を使わないオンラインまたは電子的な取引(トランザクション)を意味します。インターネット、さらにはスマートフォンが普及した現在、このような取引は当たり前になりつつあります。たとえば、商品の購入時にレジではなくiPadを使って精算した場合、"デジタルトランザクション“が行われたことになります。また、契約書に紙ではなくオンラインで署名し送信したことがあるなら、”デジタルトランザクション“の便利さを実感しているでしょう。どちらのケースでも、デジタル化によって決済や契約のエクスペリエンスが向上し、取引がより早く、簡単、正確、そして便利になります。

デジタルへの移行は企業に大きなメリットをもたらします。契約書を紙に印刷してから署名し、郵便やFAXで送り返す場合と、オンラインで完結する電子署名を比べてみてください。デジタルトランザクションは時間を節約すると共にコストを削減し、収益の増加や顧客体験の向上が期待できます。デジタルトランザクションは履歴の記録という点でも優れており、人為的なミスの軽減にも繋がります。

以下、デジタルトランザクションによるさまざまな業界でのメリット*について説明します。

*業界ごとのメリットは一般的なもので、各国ごとの法律や規則と異なる場合があります。

不動産業者にとってのデジタル化のメリット

不動産市場では時間が勝負です。以前は日単位で行われていた取引が、時間単位、分単位、秒単位とより短くなっています。デジタル化によって、不動産業者は取引の成否を分ける貴重な時間を短縮できます。

ドキュサインは、不動産業者がより早く契約締結を行うためのソリューションを提供しています。オフィスでも移動中でも、不動産売買に伴う数多くの文書取引を簡素化します。

ドキュサインの不動産業界向けソリューションの特長

  • あらゆる不動産関連文書を一元管理
  • 電子署名の導入により承認や契約のプロセスが迅速化され、文書への署名と同時に支払いを依頼することが可能
  • 署名が必要な文書を、いつでもどこでも送信可能
  • 直感で使えるインターフェースで顧客体験を向上

導入事例:株式会社GA technologies

保険業界で電子化を進めるべき理由

保険業界における取引のデジタル化は、生産性と顧客サービスに大きな影響をもたらします。つまり、従来のペーパーワークをデジタル化することで効率性と正確性が改善され、顧客満足度が大幅に向上します。

ドキュサインの保険業界向けソリューションの特長

  • 契約締結の迅速化により収益が向上
  • 申込から成約まで一連のプロセスが大幅に効率化
  • 申込書や契約書への記入漏れやエラーを軽減
  • いつでもどこでもどんなデバイスからでも署名捺印ができるようになり、顧客体験が向上

導入事例:損害保険ジャパン株式会社

銀行業界におけるデジタルトランザクションとは?

近年、銀行業界ではノンバンクの競合企業が台頭し、従来銀行によってのみ維持されてきた市場シェアにこれらの企業が食い込んできています。こうしたノンバンクの競合企業は規制が銀行よりも少ないため、急速な市場参入を遂げています。このため、競争力を維持したい銀行にとっては業務取引のデジタル化が重要な戦略となっています。

こうした誘因に加えて、銀行はデジタルトランザクションへの移行により様々なメリットを享受することができます。たとえば、デジタル化された支払い方法を提供することで新たな顧客、つまり従来の業務形態ではリーチできなかった顧客を獲得することができるかもしれません。これは、既存顧客に対してさらなる価値を提案することにもなります。また、承認や契約のプロセスを合理化することによって、より良い顧客体験を提供することができます。

銀行業界が「ドキュサインの電子署名」を導入するメリット

  • いつでもどこでも、どんなデバイスでも署名することができ、取引に要する時間を短縮
  • 口座開設やローン承認のプロセスを単純化
  • 銀行や顧客がすでに使用しているアプリケーションとの互換性
  • セキュリティとコンプライアンス、すなわち、署名プロセスの制御、完全な監査証跡、簡単な本人確認、世界標準のセキュリティを提供

 

デジタルトランザクションは、今日の進化を続ける市場において競争力を高めるための重要な要素です。デジタル化を進めることで、企業は新規顧客を獲得し、新しく快適な顧客体験を創出することができます、また、ビジネスプロセスの効率と正確さを向上させ、従業員の生産性を高め、利益を増やすことができます。

電子署名に関する詳しい情報およびデジタルトランザクションの可能性については以下ブログ記事をご参考にしてください。

Contributeur DocuSign
筆者
DocuSign
公開