【新機能の紹介】DocuSign Part 11 モジュールでSMS認証が可能に

ドキュサインの電子署名ソリューション「DocuSign eSignature」は、さまざまな業界のお客様にご利用いただいており、国内外のライフサイエンス領域では特に高い実績を誇っています。

プレスリリース:国内製薬会社23社に採用 - 製薬業界のデジタル化を推進するドキュサインの電子署名

その実績の理由の1つに、弊社が提供するライフサイエンス業界向けのソリューションである Part 11 モジュール(Part 11 モジュールの概要はこちら)が挙げられますが、この度、Part11 モジュールを使用して署名する際、SMS で認証できる機能が新たにリリースされました。

「アクセスおよび署名時の SMS 使用」とは

Part 11 モジュールを使用する際、従来は署名者を特定できるようにするため、全ての署名者は必ずドキュサインのアカウントを作成し、そのアカウントで認証した上で署名する必要がありました。

しかし、社外のユーザー、例えば臨床試験に参加する患者や、医療従事者等にとっては、アカウント作成の手続きが負担になるといったフィードバックもいただいていました。

そこでドキュサインは、アカウント認証の代わりに、SMS で署名者の認証を行い署名ができる機能を新たに追加しました。これにより、署名者はアカウントを作成する必要がなくなり、特に社外の署名者に依頼する際には有効な選択肢となります。

「アクセスおよび署名時の SMS 使用」の利用の流れ

それでは実際の利用の流れを紹介します。

といっても利用方法は非常にシンプルです。エンベロープの送信者は、送信時に「CFR Part 11 対応エンベロープへのアクセスと署名の認証」の項目で「アクセスおよび署名時の SMS 使用」を選択し、署名者の電話番号を入力するだけです。

DocuSign Part 11 SMS authentication 1

エンベロープが送信されると、指定されたメールアドレス宛に署名依頼メールが届きます。署名者は「文書の確認」をクリックして文書へアクセスします。

DocuSign Part 11 SMS authentication 2

次に、携帯電話番号の下4桁が求められるので、正しい値を入力します。

DocuSign Part 11 SMS authentication 3

入力した携帯電話番号宛に、SMS でドキュサインの検証コードが送られます。

DocuSign Part 11 SMS authentication 4

受信したコードを入力し、「コードの確認」をクリックします。

DocuSign Part 11 SMS authentication 5

入力したコードが正しいことが確認されると、「電話番号が確認されました」というメッセージが表示されます。

DocuSign Part 11 SMS authentication 6

認証が正常に完了すると文書が表示されるので、通常通り署名手続きを進めます。Part 11 モジュールでは、署名時にも認証が求められるため、「署名」ボタンを押下後、認証プロセスを実行します。

DocuSign Part 11 SMS authentication 7

再度、電話番号の下4桁を入力する画面が表示されるので、前述の手順で SMS 認証を行います。

DocuSign Part 11 SMS authentication 8

認証が完了すると、文書上に署名イメージが記録されます。

DocuSign Part 11 SMS authentication 9

以上で Part 11 モジュールでの署名は完了です。

エンベロープの履歴や完了証明書には、SMS で認証された旨が明記されます。

DocuSign Part 11 SMS authentication 10
エンベロープ履歴
DocuSign Part 11 SMS authentication 11
完了証明書

これまではドキュサインのアカウントでの認証が必須でしたが、今回ご紹介した新しい機能を活用することで、アカウントを作成することなく、SMS で認証を行い署名することができます。

また、認証方法は組み合わせて利用することができるので、

  • 社内の署名者:ドキュサインのアカウントで認証して署名
  • 社外の署名者:SMS で認証して署名

といったように、ひとつのエンベロープでも、受信者ごとに異なる方法で認証することが可能です。送信者は複数の認証方法から選択できるため、受信者ごとに最適な方法を選択し、より幅広いユースケースへ適用することができます。

ドキュサイン製品に関する詳細や活用事例、導入ノウハウにつきましては、弊社営業担当までお電話(03-4588-5476)またはお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

ライフサイエンス業界におけるドキュサインの活用 →

筆者
Shinji Sagawa
Sr. Solutions Engineer
公開