電子署名サービスを比較検討する際に押さえるべき5つのポイント

タブレット上で電子署名する女性

社会全体でデジタル化が進む中、契約書や申込書、発注書などの文書をペーパーレス化し、紙の文書では不可欠の印刷や郵送、ファイリングといった事務処理の効率化を図るために電子署名サービスを導入する企業が増えています。また、新しい働き方が広がる中、在宅勤務やテレワーク環境を整備するために電子署名サービスを活用している企業も多くあります。

おすすめ記事:【入門ガイド】これからはじめる電子署名

最近の調査(*1)では、電子署名サービスを導入している企業は「ペーパーレス化」「事務処理の効率化/契約スピードの迅速化」「在宅勤務/テレワークの拡大」について特に効果を感じていることがわかりました。その他にも電子署名サービスを利用することで、「コスト削減」や「セキュリティの向上と法令遵守」、「ヒューマンエラーの軽減」、「顧客・従業員体験の向上」「文書の可視性の向上」などのメリットを享受することができます。

日本においては、ここ数年で急速に普及が進んでおり、同調査によると37%の人が電子署名または電子契約サービスを使ったことがあると回答しています。現在、さまざまな電子署名サービスがありますが、どれも同じというわけではなく、価格はもちろん、セキュリティ対策、機能、サポート体制など、それぞれに特徴があります。また、導入する企業側のニーズもさまざまです。例えば、金融業界や製薬業界では厳しい規制やコンプライアンス基準に対応したソリューションが求められる一方、商品やサービスを販売する企業にとっては、効率よく契約プロセスを進めることで、短期間での収益化や顧客体験の向上が優先事項になるかもしれません。

電子署名ソリューションの選び方〜検討すべき5つのポイント〜』の資料では、電子署名の導入を検討している方やより良いソリューションを探している方を対象に、電子署名プロバイダーを選ぶ際に考慮すべき以下5つのポイントについて解説しています。

  1. 簡単で使い勝手のよい署名体験を提供できること
  2. 既存システムと容易に連携できること
  3. 文書の送信や署名に関するワークフローにおいて手作業を削減できること
  4. 高度なセキュリティとコンプライアンス管理によってリスクを低減できること
  5. 継続的なサポートを受けられること

それぞれのポイントの詳細、また電子署名サービスを選ぶ際に具体的にどのような点をチェックすべきかをまとまた資料は、こちらから無料でダウンロードいただけます。ぜひ、本資料を参考にしながら、貴社のニーズに合った電子署名サービスをお探しください。

資料をダウンロードする →

 

※1 「電子契約/電子署名サービス」国内市場の現状とニーズ(ドキュサインが日経BPコンサルティングに委託して2021年7月に実施した調査より)

Contributeur DocuSign
筆者
DocuSign
公開
関連トピック