お待たせしました!本日は今さらながら 営業プロセスがよりシンプルに、スピーディになるとご好評いただいているDocuSign for Salesforce のご紹介をします。
ドキュサインの電子署名(製品名:DocuSign eSignature)は世界標準ですが、そのドキュサイン が最も連携して使用されているサービスの1つがSalesforce です。
多くの企業が顧客情報の管理の目的で Salesforceを導入していますが、それだけでは現行のプロセスを100%デジタルにすることは困難です。その理由としてSalesforce導入後も、システム間が連携しておらず、手動のプロセスが依然として存在することが多いためです。
例として取引先との契約を紹介します。Salesforce で顧客情報は管理できていても、そこから契約書等の文書を作成は手動で行われます。そこから取引先へはPDFを作成してメールで送信したり、印刷して郵送しています。取引先の署名者が文書へ署名を終えると、メールもしくは郵送で送り返してもらい、最後に文書をスキャンして取り込んだり、契約データをSalesforce等へ手動で入力するというケースが非常に多いです。このように情報自体はデジタルで管理できていても、プロセス全体がデジタル化できていないと、手動での作業が残り業務の効率化が進みません。
せっかくSalesforceを導入したのに多くのプロセスがマニュアルのまま継続している。プロセスの途中で印刷をしたり、紙に押印やサインをしたり、郵送したりとマニュアル作業に多くの時間と手間を割いている状態
この課題を解決するのが DocuSign for Salesforce です。
前述の契約締結プロセスも、 DocuSign for Salesforce を使用すれば、次のように非常にシンプルに実現することができます。
DocuSign for Salesforce を使用すると、必要なステップが明らかに削減できていることがわかります。
重要な点を端的に記載すると以下になります。
・Salesforce上のボタン1つでSalesforce上のデータを使用して文書を作成および送信ができるようになる
・DocuSign eSignatureを使用して合意形成
・完了した文書は、自動でSalesfoceへ保管
・文書上のメタデータ(契約日、商談ステータスなど)をSalesforce上のレコードへ自動で反映
このようにプロセス全体をデジタル化することで、結果として契約締結までの時間を短縮、郵送費、印紙税、人件費などの各種コストの削減、手動作業をなくすことでの作業の正確性の向上、コンプライアンスの強化などの様々な面での効率化を実現できます。
なお、Salesforce との連携の要望は非常に多いため、ドキュサインはDocuSign for Salesforce を自社で開発しており、お客様による開発は不要でAppExchangeからすぐに利用できるようになっています。
また、自社開発している分、連携機能は深く実装されており、機能拡張も迅速に対応してきており、結果多くのお客様のユースケースへ対応できるソリューションとご好評いただいています。
いかがでしょうか?
Salesforce をすでに利用されている、もしくは今後利用開始される方は興味が湧いてきたのではないでしょうか?今回はDocuSign for Salesforce の概要をお伝えしましたが、詳細な機能紹介も追ってご紹介する予定ですのでお楽しみに。
ちなみに今週9月25日・26日に開催(ザ・プリンスパークタワー東京)される「Salesforce World Tour Tokyo」に協賛し、Salesforceとの連携ソリューションを紹介します(ブースコマ番号:S-40)ので、ぜひお立ち寄りください。
ドキュサイン・トライアル申し込みページより全く新しい契約プロセスを体感してみませんか?
また、ご興味をお持ちいただけた方はお気軽に弊社営業担当者までお問い合せください。
ご購入の相談  (電話):03-4577-9801
ご購入の相談 (Web):https://www.docusign.jp/contact-sales

Tags