ドキュサインの電子署名を2分で体験!新たにバーチャルツアーが登場

ドキュサインの電子署名のデモを体験する人

「ドキュサインの電子署名ってどう使うの?」「無料トライアルに登録してみたけど、何から始めればいいかわからない」という声にお応えして、ドキュサインの電子署名が2分で体験できるバーチャルツアーが登場しました!

ドキュサインの電子署名を使う上で基本となる、文書の「準備」「送信」「署名」「管理」について、各シーンでの使い方をステップバイステップで解説。ガイダンスに従いながら、ご自身のペースで進めていただけます。ぜひバーチャルツアーで、ドキュサインの電子署名をご体験ください。

バーチャルツアーをはじめる →

 

ドキュサインの電子署名とは

ドキュサインの電子署名(製品名:DocuSign eSignature)は、世界180カ国以上100万社を超える組織・団体が採用し、10億人以上のユーザーが利用するクラウド型電子署名サービスです。これまで紙とマニュアル作業を中心に行われてきた合意・契約文書の準備や署名、管理をオンライン上で行い、ペーパーレス化を実現します。販売契約書や秘密保持契約書、雇用契約書、見積書、発注書などあらゆる文書で利用可能で、業務効率化やコスト削減、セキュリティ強化をはじめとした、さまざまなメリットがあります。

おすすめ記事:電子署名とは? 今さら聞けない電子署名のキホン

ドキュサインの電子署名の基本的な使い方

1. 文書の準備

署名が必要な文書をアップロードしたら、「署名」や「印鑑」「署名日」「支払い項目」など、取得したい情報のフィールドをドラッグ&ドロップで文書に配置します。

ドキュサインの電子署名 - 文書の準備

2. 文書の送信

メールの件名、本文を入力して、送信します。自動リマインダーを設定すると、指定日までに手続きが完了していない場合、署名者に自動で催促のメールを送信することも可能です。

ドキュサインの電子署名 - 文書の確認と送信

3. 署名捺印

パソコンだけでなく、レスポンシブ対応なのでスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器からも署名可能。電子印鑑も無料で利用できます。ガイダンスに沿って手続きを進めていくだけなので、記入漏れの心配もありません。

ドキュサインの電子署名 - モバイルで署名

4. 文書の管理

管理画面で全ての文書を一元管理することができます。進捗状況も一覧で表示。管理画面から簡単に、署名済みの文書と、監査証跡や客観データ、有効性を証明する完了証明書にアクセスできます。

ドキュサインの電子署名 - 契約・同意書の管理

ドキュサインの電子署名を体験する →

Contributeur DocuSign
筆者
DocuSign
公開
関連トピック