DocuSignアプリケーションランチャーの紹介<パート2>

docusign-apps-launcher-for-salesforce2

DocuSign Gen for SalesforceおよびDocuSign Negotiate for Salesforceを利用するには、DocuSign Apps Launcher for Salesforce(DocuSignアプリケーションランチャー)のインストールを行う必要があります。前回のブログでは、日本語環境でのインストールの流れについてお話しましたが、今回は実際に使用するための設定方法をご紹介します。

まず、DocuSignアプリケーションランチャーのパッケージには次のものが含まれています。

  • eSignature
    • DocuSign eSignatureと連携してSalesforceから電子署名を送ります
  • 文書生成(DocuSign Gen)
    • Salesforceデータから文書作成します
  • コラボレーションと交渉(DocuSign Negotiate)
    • 文書の内部承認や外部レビューを行います
DocuSign Apps Launcher for Salesforce6

また、これらの機能を使うための二つのコンポーネントがあります。この二つはSalesforceページレイアウトに追加して利用します。

  • DocuSignファイル
    • DocuSign Genで生成されたファイルなどのNegotiateを使った承認コラボレーションのトレースや管理などが可能になります
  • eSignatureエンベロープのステータス
    • eSignatureで送信したエンベロープのステータスを確認します

利用するにはSalesforceのユーザーを追加し、役割を設定します。DocuSign Genを使うにはGeneratorの役割を、DocuSign Negotiateを使うにはNegotiatorの役割を設定します。

DocuSign Apps Launcher for Salesforce7

SalesforceオブジェクトからeSignature機能を呼び出すにはeSignatureの設定で表示するオブジェクトとボタンを挿入するレイアウトを指定します。

DocuSign Apps Launcher for Salesforce8

文書生成(DocuSign Gen)を使うにはテンプレート設定を作成します。

DocuSign Apps Launcher for Salesforce9

コラボレーションと交渉(DocuSign Negotiate)を使う設定は特にありません。

以上で、DocuSignアプリケーションランチャーに含まれる各機能の設定が完了し、利用が可能になりました。

尚、DocuSign Negotiate for Salesforceのトライアルをご希望の場合は、DocuSign 及び Salesforceが利用可能であることをご確認の上、AppExchangeよりインストールしてください。30日間無料でご利用いただけます。DocuSignのアカウントをお持ちでない方は、最初にDocuSign eSignature(電子署名)の無料トライアルにお申し込みください。

 

<< 前の記事  DocuSignアプリケーションランチャーの紹介 <パート1>

次の記事 >> DocuSign Gen for Salesforceで契約書の作成を自動化!その使い方をご説明します

公開
関連トピック