DocuSignとMicrosoft Power Automateによる連携(3)DocuSignのアクション

DocuSign-and-Microsoft-Power-Automate

これまでトリガー編実例編に分けて、DocuSignとMicrosoft Power Automateの連携についてご紹介してきました。最終回となる今回は、アクションについて解説したいと思います。

アクションは、前のステップからの出力に基づいて動作するフロー内のステップです。エンベロープトリガーとともに使用できるアクションは以下の通りです。(Demo用コネクタでは英語になっていますが、本番環境(日本語)では日本語で表示されます。)

  • Send envelope using template(テンプレートを使用してエンベロープを送る)
  • Get envelope documents(エンベロープ内の文書を入手する)
  • Add recipient to an envelope(受信者をエンベロープに追加する)
  • List recipients(受信者を一覧表示する)
  • Remove recipient from an envelope(エンベロープから受信者を削除する)
  • Send envelope(エンベロープを送る)

すべてのアクションを単一のエンベロープに適用することも、範囲内のすべてのエンベロープに対して反復することもできます。

Send envelope using template(テンプレートを使用してエンベロープを送る)

このアクションは、指定されたテンプレートから新しいエンベロープを作成します。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3

アクションには3つの必須フィールドがあります。

  • Account:選択するDocuSignプロダクションアカウントのリスト。デモアカウントは使用できません。
  • Template:選択元のテンプレートのリスト。
  • Envelope status:送信またはエンベロープを下書きとして保存します。可能な値は次のとおりです。
    • Create:下書きとして保存
    • Sent:エンベロープを送信

選択したテンプレートの内容に基づき追加のオプションフィールドが表示されます。例えば、テンプレートに受注者および発注者双方の名前、電子メールの入力フィールドがあった場合、それらのフィード名がオプションフィールドとして表示されます。そのフィールドをクリックすると動的コンテンツダイアログが表示され、Receipent Nameなどを指定することができます。(名前と電子メール以外のフィールドはサポートされていません。)

このアクションで得られる動的コンテンツは以下の通りです。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (1)

Get envelope documents(エンベロープ内の文書を入手する)

このアクションはエンベロープに入っている文書を取り出します。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (2)

アクションには3つの必須フィールドがあります。

  • Account:選択するDocuSignアカウントのリスト。
  • Envelope:動的コンテンツダイアログから選択したEnvelope IDを指定。
  • Certificate of completion:エンベロープの完了証明書を生成するかどうかを選択します。

Envelopeで動的なコンテンツのEnvelope IDを指定すれば、トリガーでの対象のエンベロープを取得することになります。

このアクションの結果、動的なコンテンツとして”File Contents”でエンベロープ内の文書を取得できます。前回のブログで利用したのがこのアクションになります。

Add recipient to an envelope(受信者をエンベロープに追加する)

このアクションは、受信者(署名者)を指定されたエンベロープに追加します。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (3)

アクションには4つの必須フィールドと2つのオプションフィールドがあります。

必須フィールド

  • Account:選択するDocuSignアカウントのリスト
  • Envelope:動的なコンテンツのダイアログから選択したEnvelope IDを指定
  • Signer Name:動的なコンテンツのダイアログから選択したRecipient Nameを指定
  • Signer Email:動的なコンテンツのダイアログから選択されたRecipient Emailを指定

オプションフィールド

  • Signer Signing Order:動的コンテンツダイアログから選択したRouting Orderを指定
  • Signer Role:テンプレートに受信者ロールのプレースホルダがある場合の受信者のロール

このアクションで取得できる動的なコンテンツは以下の通りです。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (4)

List recipients(受信者を一覧表示する)

このアクションは、指定されたフォルダー内の指定されたエンベロープの受信者をリストします。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (5)

アクションには3つの必須フィールドがあります。

  • Account:選択するDocuSignアカウントのリスト
  • Folder:エンベロープを含む利用可能なフォルダのリスト
  • Envelope:選択するエンベロープのリストですが、指定したフォルダにエンベロープがない場合は空になることがあります。

このアクションで取得できる動的なコンテンツは以下の通りです。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (6)

Remove recipient from an envelope(エンベロープから受信者を削除する)

この操作により、エンベロープドラフトから受信者が削除されます。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (7)

アクションには4つの必須フィールドがあります。

  • Account:選択するDocuSignアカウントのリスト
  • Folder:エンベロープを含む利用可能なフォルダのリスト
  • Envelope:選択するエンベロープのリストですが、指定したフォルダにエンベロープがない場合は空になることがあります
  • Recipient:動的なコンテンツのダイアログから選択された受信者ID(Signers Recipients ID)

Sent envelope(エンベロープを送る)

このアクションはこれまでのアクションで作成されたエンベロープを送ります。

DocuSign integrated with Microsoft Power Automate 3 (8)

アクションには2つの必須フィールドがあります。

  • Account:選択するDocuSignアカウントのリスト
  • Envelope:動的コンテンツダイアログから選択したEnvelope ID

まとめ

今回のシリーズではDocuSignとMicrosoft Power Automateの連携を例として解説してきましたが、DocuSignはiPaaSを利用して様々なクラウドサービスと連携し、処理を自動化することができます。これにより、契約などこれまで紙に依存していた業務をデジタル化し、業務効率や生産性の向上、人為ミスの軽減といったメリットを享受できるようになります。

 

DocuSignとMicrosoft Power Automateによる連携について

  1. 概要とトリガー
  2. 実際の使用例
  3. DocuSignのアクションについて
ドキュサインジャパン大串昌央
筆者
Masao Ohkushi
Senior Sales Engineer
公開