DocuSign Agreement Cloud:2020 リリース 2 の発表

DocuSign Agreement Cloud Release 2 Blog

本ブログは、2020年7月8日(現地時間)にリリースされた、米国本社ドキュサインの記事の抄訳になります。

本日、3月に公開されました DocuSign Agreement Cloud: 2020 リリース 1 に続き、リリース 2を発表し、皆さまに DocuSign Agreement Cloud 各製品の新機能をご紹介できることを大変嬉しく思います。以下、ドキュサイン SVP、Tom Caseyからのメッセージをご覧ください。

Remote video URL

日本語の字幕は、動画画面の下部にある[CC]アイコンをクリックして[日本語]を選択してください。

AIを活用した契約の管理・分析

Forrester 社の調査によると、46% の企業が問題のある契約(書に使用する)文言を検索・検出することが最重要課題であると回答しています。DocuSign Insight を使用すれば、手動プロセスに比べて数分の一の時間で、リスクや有利な条件を含む箇所を特定・分析することができます。例えば、ある世界的な航空サプライヤーは、企業再編の一環として、25,000 件以上の契約書のレビューをわずか 5 日間で完了しました。

DocuSign Insight は、AI と機械学習を組み込んで契約条項や用語を抽出することで、法的概念に基づく検索や分析を可能にし、キーワード検索では見逃してしまうようなリスクや問題点、傾向を発見することができます。DocuSign eSignature、外部システム、ファイルリポジトリからの契約データへのアクセスを一元化することで、締結した契約書をよりスマートに管理することができます。

DocuSign Insight の機能をさらに強化するために、インサイト・アクセラレータを活用することができます。これらのアドオンモジュールには、特定のトピック(例:データ・プライバシー、LIBOR、Brexit)に関連する条項や用語について自動的に分析するための AI モデルがあらかじめ組み込まれています。新型コロナウイルス感染症への対応の一環として、現在 DocuSign Insight  をご利用の全てのお客様に「Catastrophic Event」と呼ばれる新しいインサイト・アクセラレータを提供しています。このアクセラレータは、パンデミックや自然災害に関連するリスクについて、サプライチェーンやその他の契約を分析するために細かく調整されたモデルを備えています。

安全に署名者の身元を確認

昨年リリースしました DocuSign ID Verification により、デバイスを問わずどこにいても、政府発行の公的な身分証明書で署名者の身元を自動認証し、迅速かつ安全に契約を完了させることができます。

リリース2では ID Verification の機能を強化し、管理者、送信者、署名者にとってさらに優れたものとなります。ID が自動的に認証されない場合、送信者は署名者の身元を手動で確認できるようになります。この場合、ID Verification は身分証の写真をキャプチャし、送信者に手動で ID を認証するように通知します。送信者が ID を認証すると、署名者はエンベロープにアクセスできるようになります。管理者が許可した場合には、署名者による本人確認の手続きは1つのエンベロープにつき1回限りとなります。つまり、認証が成功すれば、署名者はエンベロープの有効期限が切れるまでいつでも文書にアクセスすることができ、本人確認のために身分証を再提出する必要はありません。

*2020年7月下旬リリース予定。日本語版の展開は現時点では未定です。

複雑な見積書を簡単に作成 

DocuSign Gen for Salesforce により、営業担当者は Salesforce 上で数回クリックするだけで契約書や見積書を自動生成することができます。最近リリースされた機能では、カスタマイズされたテーブルやフォーマットを含む複雑な見積書の生成が可能になりました。これは、正確で複雑な見積書を迅速に作成したい組織にとっては便利な機能です。この機能には、複数年契約の見積書を作成する機能やユーザーのロケールに基づいて通貨を自動的にフォーマット変換する機能、Salesforce のビジネスルールに基づいて見積書に文書を挿入する機能などがあります。

分単位で契約書のワークフローを作成

DocuSign CLM契約ライフサイクルマネジメント)の最新機能であるワークフロー・テンプレートは、手動によるタスクを自動化し、複雑なワークフローを統合することで、組織の契約ライフサイクルを合理化することができます。ワークフロー・テンプレートを使用すると、ビジネスユーザーは、承認、レッドライン、署名、ルーティングなどの一般的な契約プロセスを素早く設定することができます。これらの契約プロセスは、大規模なトレーニングを受けることなく、わずか数分で設定可能です。

*2020年8月リリース予定。

DocuSign Agreement Cloud: 2020 Release 2の新機能をぜひご活用ください。詳細はリリースノートをご覧ください。

注記:上記製品名、ソリューション名は英語表記で記載しています。日本においては、今後変更になる可能性がありますことをご了承ください。

筆者
Mindy Park
Product Marketing Manager
公開
関連トピック