ドキュサインが定義する「アカウント」とは?

signing image home

以前のブログでドキュサインの電子署名(製品名:DocuSign eSignature)を利用する場合に大事な概念、エンベロープについて解説しましたが、もう一つ重要な概念、アカウントについて解説したいと思います。

アカウントとはドキュサインの電子署名を利用する契約の単位のことです。そして通常は一つの契約に対して、一つのアカウントを利用する環境が提供(プロビジョニング)されます。他のSaaSサービスではテナントと呼ぶこともあるかもしれません。

docusign esignature の全体像

アカウントは一意なIDとともにその中に、アカウントの管理者、エンベロープを送受信可能なユーザーと、アカウント内で処理したエンベロープ含みます。

■ユーザー

管理者は管理権限をもつユーザーです。ユーザーは送信権限をもつユーザー、受信権限だけのユーザー、高度なオプションではより詳細な権限付与や、委譲が可能です。ユーザーは作成したグループに所属することでアカウント内の処理や設定を共通化可能です。署名者はこのアカウント内にユーザーアカウントを作成する必要はありません。

■エンベロープ

前回解説した通りです。前述のユーザー毎に所有権を持っています。エンベロープを作成を効率化するためのテンプレートを作成できます。テンプレートにも所有権があります。テンプレートは共有もできます。この時はユーザー、グループで共有範囲を設定します。

■ブランド

DocuSign eSignatureは、アプリケーションの画面、署名画面、メールの画面についてブランド設定によりロゴや色などを変更することができ、署名をする外部の方にもどの企業や団体から送られたものなのかを識別できるようになっています。高度なオプションではリソースファイルを利用した詳細なカスタマイズもできます。

以上、ドキュサインのアカウントの概念をご説明しました。アカウントを効率的、効果的に活用してぜひビジネスのデジタル化、スピードアップにお役立てください。

 

営業担当者に話を聞く  →

 

30日間無料トライアルはこちら
公開
関連トピック