2017.3.22 ドキュサインとドイツテレコムが戦略的提携を拡大

(これは3月21日にドイツで発表されたプレスリリースの抄訳です)

2017年3月22日

報道関係者各位

 

ドキュサインとドイツテレコムが戦略的なパートナーシップを拡大

ドイツテレコムがドキュサインの導入を拡大、またリセラーとなる

ドキュサインのグローバル・トラスト・ネットッワークのデータ・プロテクション

プライバシー、レジデンシーをEUのデータセンターで推進

 

デジタル・トランザクション・マネージメント(以下、DTM)、電子署名のパイオニアでありグローバル・スタンダードである米ドキュサイン(DocuSign Inc. 本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、会長:キース・クラック、CEO:ダニエル・スプリンガー)は、3月21日(ドイツ時間)、ドイツ・ハノーバーで開催されている国際見本市「CeBIT」にて、ドキュサインのユーザー、パートナーそして出資企業でもあるドイツテレコムとの戦略的提携を拡大したことを発表しました。これはドイツテレコム子会社のT-Mobileが米国の販売店並びに法人営業でドキュサインを導入し、成功を収めたことに続くものです。ドイツテレコムはドキュサインのDTMプラットフォームと電子署名(eSignature)の導入を全社で行い、オペレーションのペーパレス化と、同社の22万8千人の従業員が全世界2億人の顧客と行うビジネスのトランスフォーメーションを進めます。

 

ドイツテレコムCEOのティム・ヘットゲスはCeBITの講演の中で、以下のように述べました、「DTMの先駆者かつグローバル・スタンダードであるドキュサインは、ドイツテレコムがより効率的かつ競争優位性に優れたデジタル・ビジネスに変革することをサポートしてくれています。T-Mobileは米国にてドキュサインを導入し、6億枚以上の紙を無くし、店舗内でサービス開始にかかる平均時間を60分から10分に削減、年間2億ドルのバリューを享受しました。この成功を受けて、我々はドキュサインへの投資を決定し、グローバルに導入しています」。

 

「ドイツテレコムはさらに、ドキュサインを再販し、我々の顧客にテジタル・テクノロジーにおける最新のイノベーションを提供し、我々がドキュサインとともに行ったデジタル・トランスフォーメーションで享受した利益と同じ体験を提供します。さらに、我々はドキュサインにデータ・センター・サービスを提供することで、パートナーシップをさらに拡大します。これによりEU内のお客様がいつでも、どこでも、全てのデバイスで、ドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワーク間で、信頼かつ自信を持ってビジネスを続けることができます」と、続けました。

 

ドキュサイン会長のキース・クラックは、ヘットゲスの講演に加わり、次のようにコメントしました、「ドキュサインとドイツテレコムの戦略的パートナーシップはお互いの信頼のもとに構築されています。ドイツテレコムCEOのティム・ヘットゲスは、紙を削減しビジネスをシンプルにすることで、顧客と従業員にとって素晴らしい体験を創造し、業界をトランスフォームし続けています。ドキュサインはここ数年間にドイツテレコムが進んだデジタルへの旅路の戦略的な媒体となることに誇りを感じ、そしてヨーロッパのデジタル・トランスフォーメーションを加速すべく、ドイツテレコムがドキュサインを販売することでパートナーシップを拡大することを楽しみにしています」。

 

ドイツテレコムはドキュサインの利用をT-System、人事、シェアードサービス、そして他の部署にも広げ、ドキュサインとのパートナーシップをより深いものとします。

 

今回の発表はドキュサインの「Invest for Europe」イニシアチブに基づいたものです。ドキュサインは、EUが2016年7月1日に発表したEU全体で電子署名の使用を標準化したeIDAS規制に先立って、Standards-Based Signaturesスイート、Hybrid Cloud導入、EU内データセンター、そしてTrust Service Providerパートナープログラムを発表しました。これらのプログラムは、企業や組織がEU内でビジネスを迅速に、簡単に、そしてセキュアに、eIDASとEUデータ・プロテクション、プライバシーと居住者の法律を守った上、オンラインで行うことを保証するもので、ドキュサインはこれらのプログラムを開始します。

 

ドイツ銀行会長であるパウル・アッハライトナーは、「ドキュサインのヨーロッパへの投資は、昨年7月にできた新しい規制に合わせて完璧なタイミングで行われました。新しい規制の変更と、ドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワークの拡大は、ヨーロッパのデジタル・トランスフォーメーションを推進しています」と、述べています。

 

シーメンス会長のジム・スナベは、「ダボスで行われた世界経済フォーラムにて、グローバルリーダーたちは世界と経済をトランスフォームする第4次産業革命を進めることを議論しました。ヨーロッパの規制変更は、間違いなくドキュサイン・グローバル・トラスト・ネットワークを加速させ、より早くかつスムーズに、ヨーロッパ間そして世界と、セキュアなトランザクションを可能とします」と、述べています。

 

以上

 

ドキュサインについて

ドキュサインは、時間や場所、デバイスを問わずに、誰でも安心して安全な環境で同意書の署名、送付、管理を可能にし、業務プロセスのデジタル化を実現する「デジタル・トランザクション・マネジメント:DTM」と電子署名サービスを通じて、企業のビジネスプロセスを変革します。ドキュサインのDTMプラットフォームは、承認、決断、ワークフロー、署名を完全にデジタル化します。ドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワークは、現在188ヶ国において250,000社、1億人を超えるユーザーにより利用されており、毎日平均130,000人のユニーク・ユーザーに加わっています。詳細については、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。

 

Copyright 2003-2017. DocuSign, Inc. is the owner of DOCUSIGN® and all of its other marks (www.docusign.com/IP). All other marks appearing herein are the property of their respective owners.

 

 

=本件に関するお問い合わせ先=

 

ドキュサイン・ジャパン株式会社マーケティング部

japan.marketing@docusign.com